きっかけは夜勤明けの布団の中で 前半

きっかけは夜勤明けの布団の中で 前半

夜勤明けで寝ていると、外から若い女の子達の声がしました。声質と会話の内容からいって20代の女の子たちでしょうか?
私に聞こえているとは知らずに、ふしだらな会話の内容が聞こえました。

「昨日さ〜彼氏にアナル開発されちゃった〜」

「えー!!!まじ!?」

「最初は超痛かったけど、慣れると意外とハマるよ〜、めっちゃ気持ちいし!」

私は耳を疑いました・・・。最近の若い子はアナルセックスまでやっているのか・・・と。
布団の中で悶々としていると、更にこんな会話も聞こえてきます。

「最近エッチしてないなぁ〜」

「えーどれぐらいやってないの?」

「6日ぐらいかなぁ〜。昨日一人でしちゃったよ」

と、とんでもない会話が筒抜けだったのです。
私はこの会話のせいで興奮状態です。チンコもカッチカチになってしまってどうしようもない状態になりました。
この子達に声をかけるわけにもいかないので、私はそそくさとデリヘルのサイトを見て女の子を選んでしました。こうなった私は性欲が止まりません。
声の主のような20代ぐらいの女の子を血眼で検索していると、私の好みに合った一人の女の子を発見したのです。

女の子が決まれば早速ラブホテルへゴーです。
平日の日中ということもあり。盛岡市内のラブホテルはどこもかしこも空室でした。
以前から入りたくてもいつも満室たった部屋が空いていたので、部屋に入って女の子を待ちます。
エロいテレビを見ながら女の子を待っていると、これで抜こうかな?と思ってしまう自分がいます。
流石にそれは我慢して、私は女の子を待ち続けました。

程なくして女の子がやってくると、私は驚きました。
めちゃくちゃ可愛らしい女の子で、自分にはもったいない程のレベルだったからです。
早速持参した差し入れ(コンビニスイーツとジュース)を差し出すと、すごく喜んでもらっていました。
彼女の笑顔は吸い込まれるかのように素敵で、ずっと見ていたい衝動にかられてしまいます。
こんなカワイイ人とキスなんてしたら脳みそがとろけてしまいそうです。

120分コースにしたので、暫く彼女と喋っていました。
するといくつか共通点のようなものがあったので、会話に20分程費やしてしまいました。
慌ててシャワールームに入ると、彼女は私の体を優しく洗ってくれます。足の先まで邸内に洗っている様子は、本当に素敵です。
彼女のおっぱいは非常に形が良くて、乳首が上向きにツンと立っています。
試しにコリコリと乳首を指で触ってみると、いやらしい声でため息が漏れています。
触っているうちに徐々に固くなってきましたので彼女は性的な興奮状態にあると考えました。
私は腰に手を回して彼女を抱き寄せると、そのままキスをしました。

はじめはフレンチキスでしたが、次第に下を入れたり唇を吸ったり、ハードなキスへと進行していきました。
お互いよだれでベトベトになった顔を見て笑ってしまう場面もあったり、終始和やかなシャワールームでした。

後半へと続きます。

About admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です