例の彼女と 前半

例の彼女と 前半

前々回あたりの話を覚えていますでしょうか?
差し入れをしたら喜んでくれた子です。
今日なんとなく携帯を見たら着信履歴があり、こちらから電話を掛けてみると彼女でした。
色々と話を聞いているうちに私と会いたくなったようで、この後合うことになってしまいました。
デリヘル嬢と実際にプライベートで会うことは初体験なので、とても緊張しています。

いきなりホテルはアレなので、盛岡市内の公園で待ち合わせをしました。
夜だったのであまり人気はなかったのですが、実際に誰か知り合いと遭遇しないかと内心ハラハラでした。
指定した場所で彼女を待っていると、10分ほど遅れて彼女がやってきました。
久々に見る彼女は以前会ったときよりも可愛らしくなっているような気がしました。
本当は嫌だったんですが、手を繋ぎながら歩いていいると、本当に偶然なんですが、友人がいました。
私ははっとしてすぐに方向転換し難を逃れましたが、もう少しでこんな遊びがバレてしまう所でした。

もう公園はダメだと思ってドライブを提案すると、彼女は快く承諾してくれて、盛岡からちょっと離れた場所まで来ました。
運転中に別れてからの色々なことをお互い話しました。
彼女の方は、彼氏ができたりすぐに別れたりと、さすがデリヘル嬢といった感じで波乱万丈な生活っぷりのようでした。
私の方は穏やかな生活過ぎてあまり話すことはなかったのですが、ほぼほぼ彼女の話題で持ちきりでした。

私は彼女の今日の格好がセクシーすぎて話しているときも目線は胸に行ってしまいがちでした。
チラチラと胸の谷間が私の性欲を掻き立てて来ます。
彼女と目が合うと、「おっぱい見てるの?」と聞いてきたので、素直に答えると、彼女はホテルに行こうと言ってきました。
私も早くしたかったのでカーナビで近くのホテルを探して車を飛ばしました。

私の性欲と比例して車のスピードもどんどん早くなっていきます。
やがてホテルの光が見えると、既に私の股間ははちきれそうなほどに膨らんで、今にも暴発しそうな程にっているのが分かりました。

部屋はらすとひと部屋だったようで、ギリギリ滑り込みセーフでした。
ホッとしながら部屋に入ると、後ろから彼女が抱きついてきました。
その瞬間、彼女の香水のいい香りが広がりました。彼女もよっぽど私としたかったのか、先程の明るい顔つきは無くなり、欲望に満ちたいやらしい顔つきになっていました。
上着を脱ぎ捨てて、抱きつきながらベッドに倒れると、激しいキスになりました。
舌と舌が激しく交差するお互いの口の中は、あたかも口で交尾しているかのような動物的なものでした。
時間を忘れてキスをしていると、彼女の息遣いがどんどん荒くなってきて、最終的にはキスだけでイッてしまったようでした。
キスでイクとは前代未聞の事で、私は経験したこともないですし、聞いたこともありませんでしたので、この時点でこの日は長くなるなと直感しました。

後半へと続きます。

About admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です