例の彼女と 後半

例の彼女と 後半

彼女はキスだけでイッてしまったわけですが、今までにキスでイッてしまった事があるかを聞いた所、今日が初めてだというのです。
相当興奮したのでしょう。パンティーを覗くと、既にぐっしょりと濡れていました。
私はなんだかとても嬉しくなってきて、また抱き合ってキスをしました。
おっぱいを揉むと、あの時の思い出が蘇って来るようで、幸せな気分になりました。
彼女のおっぱいはとても柔らかくて爆乳です。肌触りも最高で、きめ細やかな角質がモッチリ感を増幅しているように思いました。
乳首はキレイなピンク色で、色、形ともに最高のおっぱいなのです。
感度も抜群で、乳首に触れただけでもビクッとなります。

盛岡に住んで、(デリヘルで)こんなに幸せな瞬間はなかなか味わえません。
厳密に言うと今回はデリヘルではないんですがね・・・。今まで様々で経験をしましたが、こんなにも脳みそからアドレナリンが分泌することはありません。
こんな特別な夜は時間が過ぎるのが早くて、行動一つ一つが慎重になってしまいます。
私は、一枚づつ彼女の着ている服を脱がしていき、キャミソール姿になった彼女の乳首をペロリと舐めました。
コリコリになっている乳首はとてもエロくて、見ているともう挿れたくなてきました。

私は舐める行為をそのまま下半身に移行して、クンニをはじめました。
驚いた事に彼女はパイパンになっていました。キレイに毛がなくなっていましたので、彼女の大事な部分が丸見えになっています。
パイパンの子にクンニする事なんてなかなかないので、いい経験ができました。毛がない分とても舐めやすくて、舌を滑らかに移動させてクリトリスや入口付近をベロベロと舐めました
そして指を入れてみましたが、キツめでいい感じに締めつけ感があります。ここに挿れたら相当気持ちが良いんだろうなと思いましたが、私はフェラチオをしてもらいたかったので早々に切り上げて、彼女の顔の前にチンコを差し出しました。
彼女はうっとりした目つきでチンコを観察すると、もったいぶったようになかなか舐めてくれません。

「早くぅ〜」と甘えた声でおねだりすると、パクっと口の中に入れました。
彼女の舌使いは天下一品で、挿れるよりも気持ちが良いかもしれない程です。念入りに舐めるその姿は、とても可愛らしくそしてとてもエロいです。
辛抱堪らなくなってしまった私は、ヌルヌルのとした彼女の楽園に足を踏み入れたのです。

ゆっくりとねじ込むと、悲鳴に似た喘ぎ声が部屋中に響き渡りました。
ズンズンと根本まで挿入すると、既に彼女はイッてしまいました。
まだ動かしてもいないのにイクということは、私に好意を抱いているのでしょうか?
そうれもなければこんなにイカないと思うのですが・・・。

私も彼女に好意があるのか、何度か腰を動かしただけでイッてしまいました。
ゴムをしていたので、中に思い切り出しましたが、こんなに気持ちが良い思いをしたのは久々でした。

彼女とは、また会う約束をしてこの日を終えました。

About admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です